美しい教会や城塞が残る ブルターニュの港町ブレスト[2012フランス2 ]

ブルターニュの港町ブレスト

ブレスト(Brest)はパリから西北に600kmほどの場所、ブルターニュ半島の西端に位置する港湾都市です。

ブレストに住んでいる地元の人がブレストの歴史について話してくれました。

元々は3〜4世紀にローマ人によって建設され中世はノルマン人による支配のブルターニュ公国として栄えた所です。その後ノルマン人支配から解放し、有名な100年戦争でイギリス軍の侵攻を受け、16世紀にフランスに編入されてからフランスとなったそうです。元々住んでいる人たちはフランス人ではないと話していました。

この時代 植民地に出向する船の港として、対イギリス上も重要な軍港です。

IMG_9045

IMG_9047

港町なので魚介類はとても新鮮で有名です。このあたりはオイスターやムール貝、かになどがよくとれます。

IMG_9048

IMG_9068

ここはペンフェルド川沿いのルクヴランス橋。この辺りは港で働く人たちが行き交う場所です。また、この橋は夜は夜景が美しいスポットでもあります。

IMG_9074

ブレストの西端。リアス式の高い海岸に古い教会や城塞が今も残っていて、散策コースとしては最高です。近くに小さな砂浜もあり、夏は海水浴が出来るそうです。

IMG_9078

IMG_9086

IMG_9089

IMG_9095

IMG_9098

IMG_9106

IMG_9110

IMG_9113

今でも海の方に向かってたっている砲台。ヨーロッパの長い歴史を感じさせる場所です。

IMG_9124

関連記事

IMG_9366

TGVとバスで世界遺産のモンサンミッシェルに [2012フランス4 ]

TGVでレンヌに行き、バスで世界遺産モンサンミッシェルへ 今回は念願のモンサンミッシェルに行く事に

記事を読む

IMG_9027

早朝のシャルルドゴール~モンパルナス駅からブレストへ[2012フランス1 ]

エールフランス機内 成田を夜発、シャルルドゴールに明け方着のエールフランスに乗ってパリに向かいまし

記事を読む

IMG_9336

ブレスト(ノルマンディ)の郷土料理 [2012フランス3 ]

魚介が豊富で美味しいブレストとノルマンディ地方の名物料理や郷土料理、印象に残った食事をご紹介します

記事を読む