MasterCardがスマホの位置情報を使ったセキュリティ対策を発表

CNET japanの記事より

マスターカードがスマホの位置情報を使ったセキュリティ対策を バルセロナで発表したというニュースがありました。

MasterCardはバルセロナで現地時間2月25日、モバイル技術を手がけるSyniverse Technologiesとの提携を発表した。その狙いは、不正なユーザーが盗んだカードを使って買い物をすることをさらに困難にすることにある。クレジットカードのセキュリティ強化に向けて取り組むこと自体に目新しさはないものの、MasterCardの最新の計画は、ユーザーが海外旅行中にスマートフォンの位置情報を利用する点に違いがある。

認証情報3.6億件、闇市場に出回っている可能性–流出元は不明
認証情報3.6億件、闇市場に出回っている可能性–流出元は不明
 これは、ユーザーのクレジットカードがスマートフォンの近くにない限り、そのカードを使えなくするという仕組みだ。例えば、ある人がメキシコを旅行しているときに、その人のカードがカナダで読み取り機に通されたと疑われる場合、その決済は拒否されるようになる。

さらに、MasterCardでは、セキュリティを高めるだけでなく、海外旅行者向けにプリペイド式のデータパッケージを提供し、高額なローミング料金を支払うことなくスマートフォンのGPSを使えるようにする計画だという。

現地のデーター通信とパッケージ化されて安価で利用できるのであれば通信料の心配の必要もなく安心して使えます。
ただし、スマートフォンやカードが盗難に会わないように、。。
メインで使うカードをセキュリティの高いカードにしておき、サブに普通のカードを非常用として持っておくと安心な気がします。
もちろんメインのカードとサブのカードは別々に保管して置く方が安心。(置き引き被害経験者の感想です

http://japan.cnet.com/news/service/35044517/

関連記事

記事はありませんでした