世界遺産!リヨン歴史地区とフルヴィエールのノートルダム大聖堂[南仏の旅3 ]

フルヴィエールのノートルダム大聖堂

ランチの後、リヨン市内の西にある世界遺産リヨン歴史地区にあるフルヴィエールの丘に上ります。

リヨン歴史地区ははソーヌ川沿いにある、古い街並みが今ものこっている旧市街〜クロワ・ルースの地区の間、その歴史地区の中にある丘が、フルヴィエールの丘です。

フルヴィエールの丘はリヨン市内のどこからでも見える小高い場所、上まで長い長い階段が続きます。

IMG_3701

まだまだ続く階段。ゆっくりゆっくり上りました。

IMG_3705

ノートルダム大聖堂に到着です。この大聖堂もリヨン歴史地区の一部として世界遺産に登録されています。建築様式はロマネスク建築とビザンチン建築の特徴を持っています。

IMG_3709

丘の上からはリヨン市内が一望できます。

IMG_3712

中を見学しているとミサが始まりました。ちょうどリヨンの地元のフランス人の方につれてきてもらったのですが、「ここは地元の人にはお祈りを捧げる神聖な場所なので、中では写真をとらないでね」ってお願いされました。

私たちには宗教的な事ってわかりませんが、地元の方にとっては生まれた時から祈りを捧げる大事な場所ですものね。

なので外の写真しか撮影していません。

中はモザイクやステンドグラスが美しい、しっとりした歴史感じさせる空間でした。

IMG_3714

IMG_3718

IMG_3721

丘の上には駐車場があり、車でも来られるみたいです。

IMG_3723

再び長い長い階段をおりてリヨン市内に。

IMG_3725

IMG_3727

IMG_3728

美しい町並みです。

フルヴィエール( fourviere )のノートルダム大聖堂

ホームページ:http://www.fourviere.org/fr_FR/
住所: 8 Place de Fourvière, 69005 Lyon, フランス
電話:+33 4 78 25 13 01

関連記事

IMG_3582

リヨン伝統のかえる料理[EU2ヶ国-16]

伝統のかえる料理 リヨン周辺にはドンブ湿原という広い湿原があります。なんと40キロ四方が湿原!

記事を読む

IMG_7221

マルセイユからTGVでリヨンへ[EU2ヶ国-14]

再びサン シャルル駅へ TGVでリヨンに移動するので、再びサン シャルル駅に。今度は大階段では

記事を読む

IMG_3682

フランス第二の都市リヨン観光と伝統料理クネル [南仏の旅2 ]

TGVでリヨンへ フランス第二の都市リヨン リヨンの旧市街地にや

記事を読む

IMG_7313

リヨン近郊の古い村 perouge(ペルージュ)[EU2ヶ国-15]

昔ながらの建物が残る村 ペルージュ リヨンから電車で30分ほど、中世時代の建物が残る村ペルージ

記事を読む