スプリトからバスで 世界遺産の美しい街ドブロブニク(動画あり) [中欧/東欧3カ国-6]

スプリットからドブロブニク日帰りバス旅行

翌日は日帰りでドブロブニクに行く事にしました。スプリットからドボルクニクへの公共交通手段はバスと高速フェリーの2種類あります。どちらも片道4時間半かかります。高速フェリーで行く場合は海の景色が楽しめますが、7:20出発12:00着、帰りがドボルクニクを16:30発と観光の時間があまりありません。そのためバスは本数がかなりあるのでバスを利用する事にしました。

バスのチケット売り場は港のフェリー乗り場の向かいにあります。前日の夜に往復チケットを売り場で購入しておきました。朝 時初 予定では10時過ぎに到着予定で、帰りは17:30ドブロブニク出発し21時にスプリットに戻り予定にしました。

ドブロブニク行きバスチケット

スプリットとドブロブニク間往復のバス便。各バス会社から出ています。往復でチケットを買う場合は同じバス会社の運行便でないと購入できません。あまり込んでいない時期なら帰りのチケットはドブロブニクについてから買っても大丈夫な気がします。

スプリットからドブロブニク行きバス時刻

スプリット ドブロブニク行きバス停

朝バス停に着。カフェでコーヒーを飲んでバスにのりました。バスには前(フロントガラスの内側)に紙に行き先が書かれているので、乗るバスに迷う事はありません。念のため運転手にチケットを見せて行き先を確認し乗りました。すいています。一応座席指定なのですが、すいているので自由に乗っても大丈夫でした。

バス内部

発車時刻の直前に車掌が車内を周り、チケットの半券をきります。

途中では3〜4回バス停に止まり、トイレを利用できます。

陸路は一旦ボスニアヘルツェゴビナを通過するため、ボスニアヘルツェゴビナと再度クロアチアに入国する際パスポートの提示が必要となります。検問所で一時停止。検査官がバスの中に入ってきて一人一人のパスポートをチェックしました。

ボスニアヘルツェゴビナ国境

検問後はボスニアヘルツェゴビナ内をしばらく走ります。海の見える丘の上で休憩。こちらでオレンジジュースを頼みパンを食べました。でも高い。観光地価格??にしても高かったので帰りは食べませんでした。

休憩後バスはドブロブニクに向かい出発します。道がどんどん海沿いになり、断崖絶壁のすぐ下はアドリア海。ガードレールをはみ出したら真っ逆さまのスリル。下は真っ青で美しい景色が続きます。

アドレア海

ドブロブニクバス停

ようやくバス停に到着。(オレンジのバスの前の窓口がチケット売り場です。帰りの便のチケットはこちらで買えます)バス停の近くにはフェリーの発着場もあるようです。ここからドブロブニクまで少しはなれています。私は徒歩を選びました、

バス停から旧市街へ

途中に案内版が出ているのでわかりやすいと思いますが(old cityが旧市街です)、炎天下での上り坂で20分強、ちょっとへばりました。バスターミナルからドブロブニク旧市街まではバスも出ていて本数もあるようなので、バスを利用することをおすすめします。

ジブリアニメのモデルとなった街 ドブロブニク旧市街

旧市街着です。城壁に囲まれ赤いレンガの屋根の建物が見えます。ジブリのアニメに出てくるセカイ。長い階段を降りると入り口に到着、ものすごい人、人、人です。

ドブロブニク

まずは入り口手前のレストランで食事。海のすぐ近くの席をGETしドブロブニクと海を眺めながらシーフードリゾットをチョイス。値段は85or 88クーナ。このリゾットはとても美味しかった!ひさびさの当たりです。

ドブロブニクと海

ランチ

ドブロブニク 中

中に入ると通りの左右はお土産ショップでいっぱい、人も大勢です。ドボルクニクは観光地化していて、ツーリストの為の場所、となっています。入り口近くのエリアは人でごった返してお店ばかりなのですが、奥の方(海側)に行くとあまり人がいなくて、お店も無く古い情緒が残っています。ドブロブニクに行く場合は奥の方に進む事をおすすめします。

教会

ドブロブニク建物

ドブロブニク裏通り

海側のレストラン

城壁の合間に外に出られる所があり、外を見ると海の岩場にカフェがあり、この荒い海で泳いでいる人もいました。岩場の上は時々大波が来ると波をかぶります。

ドブロブニク海水浴

城壁

城壁に上る事も出来ます。有料で100クーナ。チケット売り場では支払いはクーナもしくはクレジットカードでと書かれていました。(ユーロでは買えないみたい)近くに両替所もあり、日本円の両替も可能です。ATMも至る所に設置されているので、お金をおろす事も出来ます。

私は城壁にはのぼらずに、ロープウェイにのってスルジ山山頂から眺める事にしました。ドボルクニクの城壁の向こう側にケーブル乗り場があります。こちらも往復を買うと100クーナ。チケットを買って、この機械にチケットのバーコードをかざすと入場できます。

スルジ山ロープウェイチケット

スルジ山ロープウェイ乗り方

ケーブルカーに乗りました。ここから一気に上り眼下に絶景が広がります。登る所を動画で撮影しました。↓


スルジ山頂からドブロブニク

上の展望台からの眺めです。
魔女の宅急便の主人公がほうきにのって空を飛んだ時に眺めた景色がこんな風景だったのかなー。

そして帰りはロープウェイを利用しないで歩いて降りる事に、、城壁の真ん中あたりの位置に外に出られる出口がありここから山道に続きます。比較的らくだろうと思っていたらとんでもない。道に岩がごろごろしていたので、足場がわるく、降りる事に集中しなくては行けません。

IMG_1602

バス停からドブロブニク旧市街までも徒歩でかなりの距離があり、ドブロブニク観光で足が筋肉痛、暑さでふらふら、休みながら降りました。しかし景色は絶景です。ずっとこの景色を眺めながら、はちょっと贅沢かも。何人かこの道を上ってくる人もいました。さすがに上るのは厳しそうです。。。登山に慣れている方はこちらの道を利用してもいいかも。

ドブロブニク市外

ドブロブニクから少し離れた場所に出ました。(↑こんな所です)ドブロブニクへの戻り方がわからなかったのですが、住宅の間の路地を下へ下へと降りて行くとまた戻る事が出来ました。

お土産屋でアドリア海の塩とイチジクのジャムを購入しました。

思い切り堪能しあっという間に帰りの時間となりました。行きと同じバス停までまた30分ほど歩き、17;30分発の帰りのバスに乗ります。(かなり暑く遠いので、バスでの移動をおすすめします)。海沿いの崖になっている道を 地元の運転手さん、運転になれているのかすごいスピードでバスは飛ばします。落ちたらひとたまりもありません。
またまたとても空いていたので最後部座席で横になって眠ってしまいました。帰りももちろん国境超えの時にパスポートのチェックがあります。パスポートチェックで目が覚めたら当たりはだいぶ薄暗くなっていました。

到着予定時刻よりも遅れて22:00近くにスプリットの戻ってきました。もう真っ暗。もうレストランに入る力も残っていないので1きれ10クーナのピザとビールを買ってアパートメントに戻り遅い夕食をすませ、すぐ眠りにつきました。

夜のスプリット

関連記事

記事はありませんでした