海外旅行でデジカメ盗難。簡単だった旅行保険で補償を受ける手順。

海外旅行で多いデジカメ故障や盗難

所で前回の海外旅行中ビーチに立ち寄って、殆ど人がいないからと気を緩め、荷物からふと目を離したすきに盗まれてしまったデジカメ。近くに警察もない状況で被害届も出せません。その状況で海外旅行保険で補償を受けることが出来ました。

海外旅行でデジカメ盗難の被害状況

現地の人もほとんどいないプライベートビーチ状態の海岸に立ち寄った時の事です。海がとても綺麗で少し水際で足を海水につかりたくなりました。でもカメラが濡れないか、砂が入らないか心配です。
あたりを見渡すとあまりにも人がいないので、旅行用に持参したぼろぼろの布バッグに入れて、物陰にそっとおき、波と戯れたのです。

ほんの数分たって 先ほどおいたバッグの所に戻るとデジカメだけがありませんでした。

ほんの数分、誰かが近寄った気配もなく、いつ盗難にあったのか分かりませんでした。明らかに失敗。多分盗んだ人は遠くから様子を見ていたのでしょう。どんなに汚い袋でも、おいた時に中に何か入っていると感じたのでしょう。もちろん日本人は狙われやすいので、始めから荷物をねらわてていた可能性もあります。

海外ではのような状況でも荷物を身体から離してはいけなかったのです。

そこは人気のないビーチ。もちろん近くに警察もなく、時間が限られたたびです。パスポートや財布なら必ず警察に行きますが、デジカメの為に警察まで行く時間は作れませんでした。そのため以前のパスポート盗難の時のように被害届も出す事が出来ませんでした。

旅行保険で補償をうけるために必要な方法は

通常は現地警察に被害届をだし、盗難証明書を発行してもらわなくては旅行保険の補償を受ける事は出来ません。被害にあったのかどうかわからなければ保険会社は出してくれませんよね。

多分補償は受けられないと思いつつ、念のため保険会社に電話をし確認しました。

現地で被害届を出せなかったケースは?

保険会社の答えは、詳しい被害状況や場所(かなり状況を詳しく、絵も添えて記入しました)、出国と入国スタンプがおされたパスポートのコピー、カメラを購入した時の領収書を送付すれば、審査をし補償が出る可能性もあるということ。

ここで大事なポイント!

パスポートのコピーはもちろんすぐ用意できますが、カメラ購入時の領収書をとってある方はもしかしたら少ないかも知れません、しかし私は今回たまたまですが、カメラの化粧箱の中に保証書と一緒に購入時の領収書を入れ、保管してありました!!!ラッキーです。

早速書類一式を保険会社に送りました。

何日かして審査の結果の連絡があり、新品を購入し1年経過していたため、購入金額より1割引いた値段の補償を受ける事が出来たのです。

まさか補償が受けられないだろうと思っていた私は、9割の値段を補償してもらえて新しいカメラを購入することができて本当に助かりました。

領収書をとっておかなければ補償は受けられなかったはずです。とっておいて本当に良かったと思いました。

入っていてよかった海外旅行保険

海外旅行時に保険は不要じゃないかと加入を迷う方もいるかも知れません。しかし、海外で病気をし医者にかかった場合、日本の保険制度に慣れている私たちは予想もしなかった請求金額を支払う事ができずに、帰国後返済に追われたり、最悪お金が無いために現地で医者にかかる事が出来ない場合もあります。

また、デジタルカメラなどの携行品は旅行時に損傷する確立が高く、携行品補償は思ったよりも良く使われるのです。

私は、クレジットカード+不足分を旅行保険会社のオプションプラン選択という裏技で、海外旅行保険代金は2週間程度のヨーロッパの旅で2500円以下の安い価格です。

海外旅行保険の詳細 
おすすめの海外旅行保険の選び方入り方

おかげで、新しいデジカメを保険の補償で再購入することが出来ました。

現地で警察に被害届をだし書類を発行してもらうことは保険料を受ける為には必須です。しかし

今回のようにやむを得ない事情の場合、

かつ、

証明する書類が一式そろっている場合

は、旅行保険が適用されます。旅行に持って行くデジカメやPCなど、領収書は必ず残しておきましょう

関連記事

IMG_3110

ロサンゼルスディズニーランドリゾート3 イベント編 動画あり[NY/LA 一人旅]

ロスディズニーランド 人気イベント ディズニーランドリゾートの夜の人気イベント、パレードと花火が美

記事を読む