アメリカ渡航に必須! ESTA登録方法

ESTAとは?

数年ぶりにアメリカに短期出張で行く事になりました。2010年9月以降、全てのビザ免除の国のアメリカに行く人は、ESTAの申請を行って14ドルの支払わなくてはいけなくなった為、ESTAに申請します。

米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されたシステム。ESTAは2年間もしくはパスポートの有効期限または他再申請しなければいけない状況が発生するまで有効です。

ESTA認証をすでに受けている人は必須項目以外の情報更新の時にさらにESTA費用を支払う必要は発生しません。パスポートを新しく取得またはESTAを再申請する場合にはESTA費用を再度支払う必要があります。

ESTAの申請は旅行前に申請用のホームページから行っておけばOKです。

ESTAの申請サイトの日本語ページはこちらです(別ウインドウで開きます)
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e2s1

申請方法

ESTAホームページ

初めて登録する場合は左下①の[申請]ボタンをクリックします。(過去に登録している場合は②をクリックします)こちらでは初めて申請する場合の手順を記載します。

esta2

esta3

その後に同意文章が表示されるので同意するをチェックして次に進みます。

Step 1 申請書の入力

申請書に必要な項目を入力していきます。

パスポート情報の入力、航空チケット情報や滞在都市の情報も必要です。パスポートやチケットを取得してからESTAは申請してください。(パスポートの取り方はこちら

esta4

Step 2 申請書の送信

1で入力した情報を確認します。内容に間違いがないかを確認してください。

Step 3 申請番号の記録

申請番号が発行されるので、(情報を更新する際に必要です)このページを印刷してとっておくか、番号を控えておきましょう。控えをとったら[次へ]をクリックします。

Step 4 ESTA費用の支払い

“Pay(支払い)”ボタンをクリックしてCBPオンライン支払いフォームに進んで支払いの手続きを行います。支払いはマスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー(JCBを含む)もしくはデビットカードで支払います。

esta5

カード名義人の姓名、請求書送付住所、国名、クレジットカードの種類、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティーコードが必須項目です。入力したカード情報に間違いがないか確認して[Submit Payment(支払い情報送信)]をクリックします。

Step 5 審査結果の表示

審査結果はすぐに表示されます。結果は 「渡航認証許可」 もしくは 「渡航認証保留」、「渡航認証拒否」のいずれかです。「渡航認証拒否」となった場合は大使館に行きビザを申請する必要があります。

esta6

この手続きを出発までに完了しておけばOKです!もしもを考えて行く事が決まったら早めに登録を完了しましょう。