困らないお金の準備 – お得な外貨両替方法

外貨を用意する

旅行中つかう資金を用意します。いくらぐらい必要かは渡航先の国の物価によって異なりますので、現地の情報を元に算出しましょう。

現金それともカード?現地での支払い方法

海外でお金を使うには以下の3つの種類があります。

  1. トラベラーズチェック
  2. クレジットカード
  3. 現地通貨(現金)

それぞれにメリットでメリットは以下です。

1)  トラベラーズチェックを使う

[メリット] 外国旅行者向けの小切手。日本では旅行小切手とも言います。盗難などの時に使われる心配が無く安心。
[デメリット] 使える通貨が限られている。現地で使えない所もある。めんどう(★2014年3月日本国内での販売は終了しました)

2) クレジットカードで支払う

[メリット] 現金を持ち歩かないので安心。欧米諸国ではカードでの支払いが普通で一般的。身分証明(カードを発行してもらえる=信用がある)として通じる。
[デメリット] 小さな商店やチップなどカードでは支払えない所もある。盗難やスキミングなどの被害の可能性

3)現地通貨を使う

[メリット] どこのお店でも使う事ができる
[デメリット] 盗難などの心配あり

このような違いがあります。ではそれぞれの準備の仕方を説明します。

それぞれの手配の仕方

トラベラーズチェックを手配する

これまで海外旅行といえばトラベラーズチェック、というイメージでしたが、実は2014年3月に日本での販売は終了し、取得できなくなりました。現時点でトラベラーズチェックの使用は難しくなりました。

クレジットカードを準備する

[カードの取得]
クレジットカードはカード会社に申請し、審査を経てカードを発行されます。
審査の内容はカード会社によって異なりますが、一般的に過去のクレジットの経歴や仕事の有無、住宅状況(賃貸や持ち家など)等を各カード会社の基準に基づき審査されます。通常申し込みより数日以内に審査結果が判明し、2週間程度でカード発行となる所が多いようです。一部即日発行などのカードもあります。

国内でクレジットカードを使用する場合は買い物での使用が一番多いでしょう。海外では買い物の時だけでなく、現地ATMでキャッシングし現地通貨を引き出す事も可能です。しかも実はクレジットカードでのキャッシングは両替所で両替する場合の手数料や利率と比べておとくなのです。

また、カードを海外旅行保険付帯カードを利用する事で保険料を安く押さえる事が出来、合わせ技で使うと割安となります。(保険の保証を完全にするために合わせ技を使います。詳しくは海外旅行に最適なクレジットカードを参照してください)、。

現地通貨を取得する・外貨両替方法

現金が必要なのは旅行でどのようなシーンがあるでしょうか。

・カードが使えない場合に使う(お店や交通機関など)
・チップなどの支払い
・自動販売機
・美術館や食事の時などのちょっとした支払い

早朝の飛行機の乗り換え時にのどが乾いて飲み物を買いたくなったのに、早朝でお店が空いていなくて、自販機で購入しようと思っても小銭が無いため買えない事もありました。カードが使えない場合もありますので、カードメインで支払いを考えている方も、いくらかは現金を用意した方がいいでしょう。

どこで、やりかたは?現地通貨の両替の仕方

海外旅行で使う現地通貨の両替方法は日本国内と海外それぞれで両替が可能です。

[日本国内で外貨両替]

銀行での外貨両替方法
外貨両替が可能な銀行窓口か、両替所に行きます。手順は以下の通りです。銀行系の両替所は都内の場合は5分程度で両替が完了しました。

[銀行での両替手順]

  1. 銀行の外貨両替の窓口で申請書類に記入
  2. 両替する日本円と一緒に窓口に出します
  3.  レートにあわせて両替した外貨を受け取ります

郵便局での外貨両替方法
ゆうちょ銀行での両替の場合、両替可能な店舗が限られています。またドルなどの通貨はほぼ在庫があるようですが、ユーロでも在庫が不足し取り寄せに一週間かかる場合もあり、大きな店舗に行かないとない場合もあります。該当店舗に電話で在庫を確認し、出発までゆとりをもって両替しましょう。これまで私が実際に両替して比較した結果では、レート&手数料は特によくも悪くもなく平均でした。

[ゆうちょ銀行での両替手順]

  1. 郵便局の外貨両替の窓口で申請書類に記入
  2. 番号発券機で番号札をとり順番を待ちます
  3. 両替する日本円と一緒に窓口に出します
  4. 両替が終わると呼ばれるので待ちます
  5.  レートにあわせて両替した外貨を受け取ります

番号札をとって呼ばれたら書類を出して待つので ここまでの待ち時間、20分程度、銀行よりも時間がかかります、

両替店で外貨両替
トラベレックスなどの外貨両替店で両替する場合は、窓口で両替したい外貨の種類と値段を言い、その日のレートでいくらに両替できるかを聴いた後、両替した通貨を受け取ります。比較的外貨の種類が豊富で即日両替が可能、紙幣ごとの枚数の組み合わせも希望どおりに出入るなどの柔軟性がありますが、手数料を含めたレートは他の両替手段に比べて良くありません。

大黒屋などで両替
大黒やの窓口で必要な紙幣の種類と値段を言い、その日のレートでいくらに両替可能か提示されますので、良ければ両替します。比較的レートは良いですが、お店に紙幣の在庫が無い場合は希望金額の両替が出来ない事もあります。

FX口座で両替
FX口座を持っている人はFX口座で両替が出来ます。手数料が両替所より安いとうメリットがあります。空港で受け取りが可能なFX会社もありますが、受け取りに手間がかかる所もあります。入金してから受け取るまでにも若干時間が必要な点がデメリットです。(ご自身のお持ちの口座で確認してください)

★空港での両替はソン?
空港でも銀行などの両替窓口があります。空港ではレートや手数料が高いのかと思い、同日に同じ銀行で、都内と空港で両替して比較した事がありますが、結果は同じでした。

[海外で両替]

海外で現地通貨を取得する方法は、クレジットカードを使ったキャッシングと現地両替所で日本円を現地通貨に両替する方法があります。銀行のカードを使いATMでおろす事は一部の銀行で可能ですが、限られた条件となるためここではご紹介しません。

クレジットカードで現地通貨をキャッシング
現地ATMでクレジットカードで現地通貨をキャッシングします。キャッシングって高い!というイメージがあるかもしれませんが、帰国してすぐ返した場合、実はこの方法が外貨両替の中で一番お得です。カードに付帯している海外旅行保険と併せて使えばコストを押さえる事が出来ます。海外旅行のクレジットカード選び 損しない!7つのポイントでクレジットカードを選ぶポイントを参考にしてみてください。

現地両替所で両替
現地両替所で日本円を現地通貨に両替する事が可能です。空港や有名な日本人観光客が多い観光地では両替所があります。両替所で両替をする場合、貨幣価値が弱い国の両替店で両替するのがお得になります。例えばアジアの国などは日本円が強いため現地両替所がお得です。現地の情報に詳しい人がいた場合、信頼できる両替所を教えてもらうなりして行きましょう。

管理人が検証した!一番お得な外貨両替方法はコレ!

上記に記載したそれぞれの方法、両替所で管理人がドルとユーロそれぞれを同日に近い時刻で両替して比較をしました。その結果両替でお得な順は

1位 クレジットカードで現地キャッシング  
2位 FX口座で外貨両替  
3位 大黒屋で両替  

gaika

の順でした。
次点はみずほ銀行の両替所、ゆうちょ銀行のレートは比較した中では良くありませんでした。

しかしFX口座は受け取りがラクではなくまた外貨を用意するのに2週間前に申し込むなど、実際は不便さも感じました。使いやすさと手数料やレートを考え、海外旅行保険を付帯保険でまかなう事でのコスト減も加味すると

国内で大黒や もしくは みずほ銀行で外貨両替 (全体予算の1/3)
海外でクレジットカードを使い現地通貨をキャッシング (全体予算の1/3)
クレジットカードで支払い (全体予算の1/3)

で用意するのがもっとも得する方法です。